札幌オオドオリ大学には、校舎がありません。
この「街」が、まるごとキャンパスです。

授業詳細

【社会】描くことから知る自分の特性~発達障がいってどんなもの?~

日時: 2019年9月1日(日)9時30分~11時00分

教室 : スターバックス コーヒー 札幌南1条店

先生 :
卜部奈穂子(うらべなほこ)

「発達障がい」という言葉を知っていますか?
発達障がいは生まれつきの脳機能の発達のかたよりによる障がいです。得意不得意の凸凹が、周囲の環境とのミスマッチによって、学習や仕事、周囲の人とのコミュニケーションなどの社会生活で困難が起こることがあります。
一口に発達障がいと言っても、その症状や状態は人によって様々です。本人や周囲の人の理解と工夫によって、困りごとが減ったり、自分の強みを活かして力を発揮しやすくなったりします。
この授業では発達障がいとはなにかを私たち個人個人が持っている特性にフォーカスして学んでいきます。
今回の先生は、札幌で発達障がいの子どもたちを対象にした放課後等デイサービスを開いている「ペングアート」代表の卜部奈穂子(うらべなほこ)さんです。
ペングアートはアート活動による療育を行っています。そのなかに「アートガイド」というものがあります。アートガイドは、子どもたちの成長過程や得意なものをみつけ、それに合った創作手順書です。この授業でも「描くこと」によって、自分の特性(なにが得意で、苦手なのか)を知っていきたいと思います。

描くことでみえてくる、自分の特性と他人の視点を授業のなかでみつけてください。

(授業コーディネーター:猪熊梨恵)

今回の教室:スターバックス コーヒー 札幌南1条店

スターバックス コーヒー 札幌南1条店
札幌市中央区 南1条西2丁目5 南一条Kビル 1F


大通駅/36番出口 徒歩2分
大通駅/35番出口 徒歩2分
大通駅/33番出口 徒歩2分
メモ:丸井今井デパート一条館の前、新生銀行の隣

電話:070-5067-5320(ドリ大事務局)

先生:卜部奈穂子(うらべなほこ)

合同会社ペン具代表 社会福祉士・介護福祉士・認定心理士 札幌市出身、1973年生まれ。 障がい者入所施設での支援員時代に利用者が描くアートに感銘を受け、臨床心理専 攻の芸術療法ゼミへと編入。美術系大学の科目履修生としてもアートを学びました。 乳幼児健診の心理相談や非常勤講師を務めつつ、2003年個人事業としてペングアー トを開始。2011年に法人化し、現在は『ペングアート』、『ペングアート北野』の 児童発達支援事業所を運営中です。プライベートでは、夫と小学生の娘の3人家族です。
申込受付中(先着)
参加費:無料
定員:10人
参加対象:

発達障がいについて知りたいかた、アートが好きなかた、描くことに興味があるかた、
美術鑑賞が好きなかた、自分の特性を知りたいかた、など

応募方法:上記受付期間中、WEBフォームより先着で申し込みを受付いたします。
*代表者が複数人申し込みすることも可能です。その際は、代表者と連絡がつく情報をご記入ください。
補足:
当日の持ち物:特になし
受付開始:2019年8月6日(火)10時00分
受付終了:2019年8月31日(土)20時00分
※1:本授業は先着受付となります。
※2:親子での参加も可能となります。その際はお子様の年齢をお教えください。

オオドオリ大学をフォローする

プライバシーポリシー